1. 添付ファイル付きのメールを送信するときに気を付けたいマナー

添付ファイル付きのメールを送信するときに気を付けたいマナー

添付ファイルだけでなく、本文にも概要を記載

 添付ファイルを付け、「詳しいことは添付ファイルをご覧ください」というのは、マナー違反になります。ビジネスメールで資料をやり取りしている人は多くの時間をメールに費やしていると考えられます。そのため、添付ファイルを開いて確認するというのはかなり根気のいる作業となります。メールの本文に添付ファイルの概要が記載されていれば、確認をその場でしなくてもおおよそのことがわかり、相手の負担を減らすことができるでしょう。

添付忘れをしない

 送信しますと言われているのに、ファイルがついていないとなってしまうと、その後のやり取りも上手く行きません。メールを作成する前の段階で点うするべき資料は作成してしまい、先に添付する作業だけ終わらせてしまうといいのではないでしょうか。


 ここでは、添付ファイルがあるメールを送信するときに気を付けたいマナーを紹介しました。ここで紹介したことを活かし、添付ファイルでマナーを守れるビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する