1. プレゼンなどのスライドを分かりやすく作成するコツ

プレゼンなどのスライドを分かりやすく作成するコツ

 プレゼンが上手い人は、話す内容が素晴らしかったり、話し方が上手いだけでなくスライドが非常に分かりやすいです。スライドが必要ないのであれば、プレゼンをする必要はありません。スライド作成のコツを覚えてプレゼンや発表で成功しましょう。

シンプルに

 当たり前のことかと思うかもしれませんが、意外とスライドが文字だらけになっている人が多くいます。これでは、何を伝えたいのか分かりません。1スライドに1メッセージ、そして説明スライドは10枚以内にしましょう。話す内容とスライドの内容が一緒であれば、話す必要はありません。スライドは、シンプルにすっきりとしたものにしましょう。

写真やグラフを使う

 スライドは、口では説明しづらい部分を補うものとして非常に便利です。イメージは、言葉で長々と話すのではなく写真や動画を見せましょう。さらに、問題点などをあげる時にデータや数字を見せると思いますが、出来るだけグラフにまとめておきましょう。なるべく文字や言葉は控えましょう。


 スライド作りが上手い人は、以上の点をしっかり守っています。自分で作ってみたスライドをもう一度確認して、以上の点がしっかり含まれているか吟味しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する