1. 身だしなみとして気を付けたい、ワイシャツの下に着る肌着のマナー

身だしなみとして気を付けたい、ワイシャツの下に着る肌着のマナー

マナーとして正解はない

 ワイシャツの下に肌着を着るのが正しいのか、着ないのが正しいのかについてですが、マナーとしてどちらが良いという正解はありません。ただ、マナーとして、透けが気になるという方や、汗ジミがみっともないという声がありますので、そこを考慮して選択するのが正しいマナーの対処法なのではないでしょうか。

ワイシャツ一枚で着る場合のマナー

 ワイシャツを肌着なしで着る場合は、まず、透けないような素材のものを選びましょう。薄手のものですと、やはり透けてしまいがちです。そして、汗対策を行いましょう。汗をかかないような工夫をすることや、汗を吸収しやすい素材を選ぶといった工夫がマナーとして求められます。

ワイシャツの下に肌着を着る際のマナー

 肌着を着る際ですが、プリントTシャツや、色が派手なものを下に着ると、品位がない印象を受けがちですので注意しましょう。また、首元などから肌着が見えるのもマナー違反ですので、襟の形に配慮して肌着を選ぶと良いです。


 ここでは、ワイシャツを着る時に気を付けたい肌着のマナーを紹介しました。肌着を着るか着ないかは自由ですが、みっともないような身だしなみにならないように注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する