1. 講演で相手を惹き付ける話し方のコツ

講演で相手を惹き付ける話し方のコツ

 講演など人前で話す時は普段一対一で話すのと違い、惹き付けるような話し方をしなければ飽きられてしまいます。聴衆は、一度飽きてしまうとその後はほとんど聞いていません。そうならないようにするために上手い話し方のコツを覚えましょう。

自分の体験談を入れる

 ただ情報だけを言われていても聴衆は飽きてしまいます。体験談を話す事で聞いている人の心に訴えることが出来、関心を持って聞いてくれます。体験談には、きちんとストーリーが確立してあるのでイメージしやすくなります。体験談を入れるのは、相手を惹き付ける方法として最も良いものだとも言われているくらい効果的なものです。

10分ごとに流れを変える

 10分経つと聴衆は、話を聞かなくなります。10分以上経つと気が散り、講演に集中しなくなるでしょう。そこで長くても10分で次の話題に進む必要があります。流れを変えることで聴衆の集中力が戻ってきます。実際に上手い人は、聴衆の顔色を見て、つまらなそうな顔をしていたら話題を変えるように心掛けています。そうして気が散ることを上手く防いでいるのです。


 人を惹き付けるのが上手い人は、自分の型みたいなものを持っています。いきなりそれを見つけるのは、難しいと思いますが、体験談を挟むなどはすぐに実践できることだと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する