1. 転職の面接のマナーとして守りたい笑顔の作り方

転職の面接のマナーとして守りたい笑顔の作り方


面接では笑顔でいることが基本

 面接では笑顔でいることが基本的なマナーとなります。笑顔でいることで、相手の印象が良くなりますし、自分に自信があるという印象を与えることができます。ただ、不自然な笑顔ですと、相手は怖いと感じてしまい、逆効果となってしまいます。

正しい笑顔の作り方

歯を見せない

 歯を見せてしまうと、だらしない印象になってしまいます。印象を良くするためには、歯を見せないで、口を閉じて笑顔を作るようにしましょう。

口角を上げる

 笑顔を作るためには、口角を上げるような意識をすることが大切です。口角を上げると自然な笑顔ができますし、そこを意識しないと笑顔に見えません。笑顔を作るというよりは、口角を上げるという意識が大切なのかもしれないです。

笑顔を見せるという意識を持つ

 笑顔ができていても、顔が下を向いていたりしては意味がありません。相手の顔をしっかり見て笑顔を作るようにしましょう。


 ここでは、転職の面接の際に気を付けたい、マナーが良く見える笑顔の作り方を紹介しました。笑顔でいることが面接の基本となるため、面接を受ける転職希望者の方はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する