1. 相手に内容が伝わる!プレゼンをするあたって知っておきたい文章の書き方

相手に内容が伝わる!プレゼンをするあたって知っておきたい文章の書き方

 プレゼンにおいて伝わる文章の書き方とはどうのようなものでしょうか?プレゼンは発表の仕方も成功させるために大事ですが、書き方も重要になってきます。相手にわかりやすくがモットーですが、発表する側にとってもわかりやすさが重要ではないでしょうか。それでは、ポイントとして、いくつかの例を取り上げたいとおもいます。下記に記す例を参考に良いプレゼンを行って下さい。

内容は少ないほど良い

 プレゼンでわかりやすさの基本は、伝えたい内容をなるべく少なく、簡潔に書くことが重要です。相手を説得し納得させたいのであれば、要点を抑えて絞り込んでいく方が懸命な書き方と言えます。たくさんのことをダラダラと書き記しても、相手に伝わる情報が少なくなってしまう可能性があります。伝えたい、アピールしたい重要なポイントを繰り返す方が良いのです。相手に余計な情報を詰め込まず、わかりやすく、簡潔に、要点を盛り込んで書きましょう。

相手と関連付けた内容にする

 プレゼンにおいて、相手に提案したいサービス、商品、企画など様々ですが、相手と関連付けた内容を入れて文章を書くことは、相手の立場を考えているということなので、少しでも興味を持ってもらえるように書くことが重要です。相手にとって、そのサービス、商品、企画はどういうものなのか、どういう効果があるのかをきちんと書くことによって、しっかり把握してもらえるということです。年齢、性別などにより、なかなか関連付けの難しいものもあるかもしれませんが、例題を作ったり、多少強引な関連付けであっても、そういった書き方をすることで、自分が普段、見聞き、使用しないものでも興味を持ってもらえるでしょう。

タイトルの書き方

 プレゼンじたいのタイトル、1つ1つの項目でのタイトルなど、相手の興味や関心を一気に惹きつけるには、単純で何のひねりもないタイトルより、内容が盛り込まれたタイトルが相手にとってわかりやすいタイトルではないでしょうか?おおよそ、タイトルだけで察しがつくことができ、内容もよりわかりやすくなります。タイトルを付けるのも独自センスにかかってきます。自分が心を動かされるタイトルであったり、これを伝えたいと心から思うタイトルであれば、相手も目を引くに違いありません。


 以上の3項目の書き方の例を参考に、プレゼンに必要な文章を作成してみて下さい。相手とってさっと見ただけで内容の伝わる文章であれば、そのプレゼンは成功することは間違いないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する