1. プレゼンの本番中に、自分で準備したノートをプレゼン画面に写し出す方法

プレゼンの本番中に、自分で準備したノートをプレゼン画面に写し出す方法

by odysseygate
 皆様の中にはプレゼンの最中に、自分で事前に用意していたノートをプレゼン画面に写そうと考えている方がいらっしゃると思います。例えば塾の先生であれば生徒のために自分で用意してきた簡単に解答できる解答方法でしたり、商談の最中であれば専門のスタッフから教えていただけたことを画面に写したりと様々です。しかし、そのような道具はなかなか見つからず諦めかけている方も見かけます。そこでプレゼンの最中に自分で準備したノートを画面に写す方法を記述致します。

上からスキャンする機材を導入してみる

 自分で準備したノートをプレゼン画面に写し出す方法として、上からスキャンする機材を導入して行う方法がございます。スキャナは紙を専用の台に乗せて挟まないとスキャンされないと思われがちですが、現在ですと卓上スタンドのようなスキャナもございます。そのスキャナを利用すればプレゼンの本番中でも自分で用意してきたノートを見開きでもスキャンすることが出来ます。使い方も至ってシンプルで、スキャンしたいノートを卓上スキャンの下に置き、スキャンする範囲に収まるようにします。後はスキャンするボタンを押すだけで、パソコンにスキャンされた画像が届きますので、後はプレゼン画面に写せば完了です。

 ですが、欠点として通常のスキャナより解像度が低いです。また、通常のスキャナのように固定してスキャンしている訳ではございませんので、どうしても画像がずれてしまったり、納得のいくような結果が出てしまうこともあります。そのため緊急用として用意する程度に収めておいたほうが良いかと思います。

一枚一枚スキャンする方法

 現在では持ち運びに便利なスキャナもございます。大手メーカーでは様々な小型スキャナも販売されており、中には営業鞄の中に入れても大きさから重量まで問題ないような機種まで出てきます。そのような機種をプレゼンの最中に使用するのも良いでしょう。

 ノートからどうしても写したいと思っている部分を抜き取り、小型のスキャナの中に入れます。後は卓上のスキャナと同じようにパソコンに画像が送られるまで待ちましょう。そして画像がパソコンに送られましたらこちらも同じく、プレゼン画面に写すようにすれば画面にスキャンしたノートが写しだされます。

 しかし、こちらにも欠点が少しあります。それがスキャンスピードの遅さとノートを切り取らなければならない所です。小型のスキャナでは皆様の企業にある複合機のようなスキャン速度を機体してはいけません。大体それよりも半分ぐらいと思ったほうが良いでしょう。

 また、いちいちノートから切りとらなければスキャンできない所も問題点です。確かに上記で述べました、卓上スキャンの機材と比べて解像度は高く正確なスキャンが出来ますが、その分スキャンスピードの遅さとノートから切り取らなければならない欠点がございます。その点を踏まえてどちらが自身の用途に合っているかを考えてから購入してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する