1. 英語のプレゼンを報告する上で覚えておくべきポイント

英語のプレゼンを報告する上で覚えておくべきポイント

 プレゼンテーションの際には、英語で製品のことなど、あらゆることについて報告するシーンもあると思います。しかし、英語のプレゼンとは中々慣れない方も多いはず。英語のプレゼンにおいて、業績を報告する場合にはどのようにして報告するのがよいとされるのでしょうか。ここでは英語での報告の仕方を紹介していきます。

報告する際のポイント

 報告する際は、聞き手の立場に立って準備をするということが大切です。中でも、一番大切なのは出だしです。つかみでは、『謎』(research question)から始めることが一般的です。その次に、その謎についての説明を行います。例えば、何故その謎を解くことが重要なのかということや、その謎がまだ解かれていないということを示すことが必要です。その次には、データと方法が謎を解くことに適していることを示します。そして分析、結論、議論という流れで話を展開させると良いでしょう。

 また、英語でのプレゼンでは、図表やイラストを日本語でのプレゼンよりも多く入れるのがよいでしょう。図を沢山入れることで、英語に慣れていない人でも図表を提示することで説明がしやすくなります。『Like this.』や『As shown on the table,…』などの表現をすることで、今何を話しているのかが簡単に伝わります。

 また、初めのうちは英語を丸暗記することは仕方がありませんが、慣れてきたらできるだけ暗記をすることは避けましょう。読み上げるだけでは相手の心に気持ちを届けることはできません。特に重要になる個所はゆっくりとおおきな声で発音し、相手にしっかりと伝えましょう。

英語での発音と質疑応答について

 発音については、非常に注意することが必要です。多少の文法的な誤りは大丈夫ですが、自分の報告における重要な言葉や概念のみは間違うわけにはいきません。また、正確な発音でないと相手に通じない事もあるため、できるだけ日本語的ではなく、ネイティブの発音に近づけるということが大切です。

 プレゼンの際には合わせて、質疑応答の時間が設けられることも多いであろうと思いますが、質問が分からないということも多いと思います。その場合は、ゆっくり繰り返してもらうために『Excuse me,could you speak more slowly?』と声をかけましょう。質問に対して答える時には、難しく言おうとせず、なるだけ知っている単語でシンプルに答えることで相手にも意味が伝わりやすいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する