1. 転職の面接時に絶対に覚えておきたい、身につけるべき腕時計のマナー

転職の面接時に絶対に覚えておきたい、身につけるべき腕時計のマナー


 社会人の皆様であれば、お仕事をされているときは必ず腕時計をされていると思います。転職の時もマナーは変わらず、会社によっては使い分けが必要となってきます。では転職の面接の際に、覚えておきたい腕時計のマナーとはどのようなものなのか記述致します。

高価な腕時計をしてこない

 これは世間一般で知られているマナーですが、意外とこのマナーを守られていない方々が多く目立ちます。煌びやかな、メーカーの模様やマークが大きく目立つような腕時計るを身につけてくると相手を不快にさせてしまいます。 どうしても高価な腕時計をしていきたいと言う場合であれば、メーカーの模様やマークが目立たなかったり、どこからどう見ても他のメーカーと見た目の大差が無いような時計をしてくるようにしましょう。

歳相応の腕時計を選択してくる

 歳相応の腕時計をしていくようにしましょう。例えば20代の方であれば5万円から10万円ぐらいの腕時計にしてみたり、30代であれば20万円ぐらいの腕時計をするようにしてみましょう。上記でも述べたように高価な腕時計は相手に対しての印象がよろしくありません。

 そして、年齢に不相応な時計をしていると、生意気な奴、もしくは嫌味な奴として見られてしまいます。 あらゆるリスクを避けるためにも、歳相応の腕時計を選択して転職の面接に臨むとよいでしょう。


 転職の面接では貴方の全てを見られています。上は髪型から下は靴まで隅々見らてしまい、少しでも汚れていたり寝癖が付いていてもマイナスのポイントになってしまいます。それは腕時計でも同じで上記のようなことがあった場合にも、面接官の方々は決して見逃すようなことはしません。そのため相手を不快にさせないこともマナーの1つですので心がけていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する