1. 転職活動での面接で気を付けたい身だしなみのマナー

転職活動での面接で気を付けたい身だしなみのマナー


 転職の面接を受ける機会があると思いますが、その時に求められるものが多くあります。 能力なども重要な要素でありますが、身だしなみも重要な要素の一つなのです。 自社で働いてもらうのにふさわしい存在かというのを、面接の短い時間で判断しなければならないので、身だしなみのマナーも備わっている必要があります。 ここでは転職の面接で気を付けたい身だしなみのマナーについて書いていきます。

男性の場合

 転職の面接ですので男性はスーツを着用して行くと思います。 この時にどのようなスーツでも良いのではなく、面接にふさわしい格好をする必要があります。 マナーとしては周りから浮いてしまうような派手な格好というのは、ビジネスにおいて好まれないので黒、紺、グレーなどが良いでしょう。

 そしてワイシャツは白いものを着ていくのが良いでしょう。 この時には状況によってスーツを脱ぐ場合もあるので、ワイシャツの下に柄物のシャツなどを着ない事もマナーとなっています。

 ネクタイは派手と思われるようなものでなければ、基本的に何を付けてもよいので、自分の気分次第や転職活動を行う企業にイメージに合わせていくと良いです。

 着こなし全てに言える事ですが、スーツやシャツなどはクリーニングやアイロンなどを掛けて綺麗にしてから面接に望むのがマナーとなっています。 髪の毛は黒であり、短髪にして清潔感を持たせるような髪型にする必要があります。 男性の場合には黒を基調とした格好をする事で、マナーを守る事ができます。

女性の場合

 スーツは黒かグレーなどが良く、派手な格好は男性と同様に止めておいた方が良いでしょう。

  そして服装で女性の場合にはスカートを履く時がありますが、その時にはストッキングを履く事がマナーとなっています。 そのストッキングもベージュなどの自然な色であり、柄が入っているようなものはNGとなっています。
靴は黒であまりヒールが高くないものを履く事になっています。

そして男性との大きな違いは、女性の場合は身だしなみとして化粧をして転職の面接に望むと思います。しかしここにもマナーがあり、間違った方法をしてしまうと不快な思いをさせる事にもなるので注意が必要になります。自然である事が重要なので、化粧は適度なものですっぴんでも良くなく、派手になってしまうのも良くないのです。

 爪なども自然なものとなるようにする事がビジネスマナーとしてありますので注意が必要になります。ピアスなど装飾品を普段多く付けている人もいますが、ビジネスでは付ける事が好まれていないので全て外してからいく事が求められます。これは自分の目線ではなく、面接する側から見たナチュラルさであるので、面接をされるような年代の人に観てもらう事も重要な事です。

 そして髪の毛は女性の場合には黒か多少茶色くらいで、それ以外の明るくなってしまったりしているのは良くありません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する