1. 転職の面接でやってはいけないマナー違反とタブー

転職の面接でやってはいけないマナー違反とタブー


 転職で面接を行いますが、これにも色々とマナーがあり、それを考えずに行ってしまうと上手くいかない事も多くあります。新卒との面接とは少し違った状況などがあるので、ここでは転職の面接で行ってはいけないマナー違反やタブーについて書いていきます。日頃仕事をしている人とはマナーなども少しずつ違ってきているので学んでいく必要があります。

基本的なマナー

 転職活動を行っていると仕事の電話が入る事もあります。しかし転職の面接では携帯電話に出る事はタブーであるだけでなく、面接を行う前に電源を切っておく事がマナーとなっています。

 仕事をしている場合には一度席を外して電話などをしてしまいがちですが、これは面接においてはタブーな事ですので止めるようにします。大事な電話を待っていたり、転職活動を掛け持ちしているといつ連絡がくるか分からないので電源をそのままにしておきたい気持ちもありますが、必ず切るようにします。

 姿勢や態度についても、面接だという事を忘れてはいけないので、しっかりとした格好で行き、会社が終わった後で疲れている場合でも綺麗な格好でいく事がマナーです。更に転職時は相手が自分より年下の面接官もいますが、態度にも出ないように丁寧な対応をする事も求められます。

前職や他社の事を言う場合

 転職での面接では自社の事だけでなく、前に勤めていた会社や他の会社の事について聞かれる事があります。転職する理由は多くありますが、その中でも前職の会社が嫌になって転職活動している人が多いと思います。

 待遇面等について言いたくなってしまいますが、転職の面接でのマナーでは良くないものとなっていてタブーとなっています。聞かされる方も嫌な気分になってしまうので、前職の事を聞かれても愚痴などは話さないようにします。 特に人間関係での悪化による退職の場合には、同じような事が転職先の会社でも起こりうる事でもあるので、どんな理由でも話すべきではないのです。

 仕事を一緒にしたい人というのは、マイナス思考ではなくプラス思考の人と働きたいですし、一緒に働いた時に同じような感情で働いていると思ってしまうからです。その為に前職がどんな形で辞める事になっても、悪い事は言わずに良い事を主に話していく事で解決する事ができます。

 
 転職での面接にはこのようなマナー違反やタブーもあるので、これを気を付ける事によって転職活動をスムーズに行う事が出来ます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する