1. マナーとして片手で名刺を差し出しても良いシーンと交換の仕方

マナーとして片手で名刺を差し出しても良いシーンと交換の仕方


名刺を片手で交換しても良いシチュエーション

 名刺は両手で相手にお渡しするのが基本のマナーですが、ビジネスの場では時々、多人数での名刺の同時交換が行われることがあります。そういう場合には、片手でも失礼ではありませんから、安心してお渡ししてください。

 たくさんの人が全員で、お互いに両手で名刺交換をするとなると、それなりに時間がかかってしまうので、それで片手でもよいということになったようです。名刺は両手でお渡しするのがマナーとされているのは、営業などで自分から相手を訪問して渡す場合なのです。

名刺を受け取る時に気を付けたいこと

 まず、交換する相手の人数分の名刺を、あらかじめ名刺入れから出しておきます。自分の名刺を右手で、相手の名刺より低く差し出します。このとき、相手より低く差し出すのは、謙虚さを伝えるためです。

 相手の名刺は、名刺入れを左手に持ったまま受け取ります。受け取るときは、「頂戴します」と一言添えてから、両手で持って、相手の会社名や名前を確認しましょう。

 自分が名刺を先に出すべきなのに、相手のほうから出してきたときは、自分の名刺を慌てて出そうとするよりも、まず落ち着いて、相手の出した名刺を丁寧に受け取ってください。そのあとに「申し遅れました」と自分の名刺を出して、名乗ればよいのです。

 名刺交換は職位が上の人から始まりますから、受け取った名刺を上から重ねていくと、職位の高い順番になります。机に置く場合は、相手が座っている席順に、机の上に名刺を並べておくと、相手の顔と名前を憶えやすいでしょう。

 名刺をしまうタイミングは、その場の雰囲気や様子を見て、周囲の人に合わせればよいはずです。テーブルの場合、置いた名刺を名刺入れにしまい始めるのが、この場はこれで終わりですよ、という合図になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する