1. 相手の印象を良くするビジネスの電話での名乗り方のマナー

相手の印象を良くするビジネスの電話での名乗り方のマナー


 電話でのビジネスマナーはきちんと知っていた方が良いでしょう。 些細な言葉の言い回しでも、間違った言葉の使い方をすると、 電話の相手は非常に違和感を感じる事があります。 電話の名乗り方においても、適切な名乗り方があります。 きちんとした電話のマナーを知っていれば、上手に使い分けする事ができますし、 電話の対応の良さや、上手に言葉を使うことで、好印象をもたれることは間違いなしです。

初対面の人に使う言葉

 挨拶をしたあとに会社名と氏名を名乗りますが、 名乗り方にも様々あり、相手や場面によって使い分けをするのが良いでしょう。 例えば初めて電話で話す相手の場合、「○○と申します」というように名乗ります。 これは主に初対面に対して使われる言葉なので、 初めてではない人にたいしても言ってしまいがちですがそれは間違いなのです。

 普段電話をしない部署などに電話する場合、誰がでるかわかりませんよね。 そういった場合の、知らない人が出るかもしれない時に使うのが適切です。 例えば親しい人へ電話するときや、よく電話をする部署に電話した時に、 「○○と申します」と名乗るとよそよそしく少し違和感を感じてしまいます。

親しい相手には言葉を変える

 では相手が初対面ではない場合、なんと言って名乗ればよいのでしょうか。 親しい相手や、電話をかける事が多い部署への場合は、「○○でございます」というように、 更に親しい相手であれば少し砕けたように「○○です」というのが良いかと思います。

 「○○と申します」よりも「です」や「ございます」の方が自然に聞こえます。 同僚や上司などの社内電話の場合は「○○です」が良いですね。 これらはこちら側が電話をした時の名乗り方ですが、 逆に電話を受けた場合、最初に名乗る必要があるのであれば、 「○○でございます」や「○○が承ります」と名乗るのが適切です。


 電話の名乗り方は場面や相手によって様々です。 深く考えず、流れのまま言っている方も多いかと思いますし、 どんな時も「○○と申します」と名乗ってしまっている方もいます。 きちんとマナーを理解した上で、名乗り方をかえると印象も変わりますので、 電話をする時に少し名乗り方を気にしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する