1. 会社の関係がある人へ祝電を送るときのマナー

会社の関係がある人へ祝電を送るときのマナー


 仕事上の関係がある人へ祝電を送ることもビジネスマンとしてのマナーの一つです。こまめに送ることをお勧めします。仕事上のメリットとして、会社としてそれぞれとの関係性がスムーズになる可能性があります。仕事上の関係がある人へ祝電を送るときのマナーに必要な知識を下記にいくつか記したいと思います。礼儀をきちんとわきまえた電報を送って下さい。

祝電の種類を使い分ける

 祝電にも様々な種類があります。仕事上においては、昇進、昇格、栄転、就任、定年退職など、私事においては、結婚、出産、還暦などございますが、仕事上の関係がある人へのお祝い事に関しては、なるべく全てを把握しておくように心がけましょう。また、祝電の台紙の種類も様々で、相手の役職などによっても考慮することも可能です。

祝電を送るマナーのポイント

内容を確認する

 節度のある、礼儀をわきまえた内容であることが重要です。相手に対して、お祝い内容にあった、失礼のない内容で送ることが基本です。文面の内容確認、誤字脱字の入念なチェックも怠らないようにしましょう。

文章に不吉なものを入れない

 送る相手にとって、良くないものを連想させる言葉を入れないことも配慮しなければならない点です。言葉には最善の注意を払って文面を考えることもお祝いする相手に対してのマナーです。

会社名を最後に入れる

 仕事上の祝電には会社名を入れる 会社で祝電を送る場合は、本文最後に必ず会社名を入れましょう。他、個人から仕事上関係で送る場合は、会社名、部署名、名前を 入れておくとよいでしょう。

文面はなるべくオリジナルで

 会社によって文面はそれぞれマニュアル化されてるものも多いですが、お祝いは、心から祝福することが何よりですので、自分の気持ちで自分の言葉で祝福することができたら一番良いでしょう。


 祝電を送ることは、気持ちあっての行為です。相手との信頼関係も築くことができ、相手への気遣いによって円滑に仕事ができたら何よりです。取引先、上司、部下あっての会社と思えば、自然と感謝が湧き、祝電も業務的にならないでしょう。祝福する相手のことを一番に考えて、素敵な祝電を送ってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する