1. 覚えておくと便利な、会議で出された飲み物のマナー

覚えておくと便利な、会議で出された飲み物のマナー


 皆様の会社でも定期的に会議を行ったり、中には会社全体で集合しての全体会議を行ったりする場面があるかと思います。そこで出されることがあるのが飲み物です。お茶や紅茶、殆どの場合はコーヒーが出されますが、そのような飲み物はどのように対処すれば良いか迷われていると思います。マナーを理解されていない方々は平然と飲んでいますが、それは一番やってはいけません。どのようにすればマナー違反にならないのかを記述していきたいと思います。

許可を出されたら飲むようにする

 先にも述べましたが出された瞬間に飲むようなことはマナー違反です。飲み物を対処するときのマナーとして、担当者や現場にいる責任者が飲み物を飲んでも大丈夫ですよと言う許可が下りましたら飲むようにしましょう。

 大体の場合は担当者や責任者から、飲み物が全員に行き渡った所で言うので大丈夫かとは思います。出されたものをいただかなかったりする行為も同じくマナー違反となりますので、飲み物は飲み切ってしまって構いません。会議が終わって回収する前には飲み干しておくように心がけましょう。

  また、缶で出された場合にはどうすれば良いのかと言われましたら、担当者や責任者から言われたタイミングで開封するようにしましょう。そうしないと、静まり返った会議場で1人だけ目立つ音をたてて缶を開封することになります。そのため十分に注意するようにしましょう。

出された飲み物をすぐに飲み干そうとしない

 これは営業先に行った時でも当てはまるマナーの1つです。出された飲み物を残してはいけないと考えるのは素晴らしいことですが、会議中にいつものように飲んでいるとお客様や会議を進めている方々に対して失礼にあたります。必死にお話しをされたり聞いていたりしているにも拘らず、貴方だけそのような行動をとっていると相手は非常に不愉快な気持ちになってしまうのではないでしょうか。

 そのため一気に飲み干したり、会議中に素早く飲むのでなく例えば少し時間を空けた後に少しずつ飲んでみたり、会議が終了した後に飲み干してしまうのも得策です。入ってすぐに喉が乾くのを防止するために事前に水分補給をすると、マナー通りの飲み方が出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する