1. ストライプ柄のワイシャツを着る時に気を付けたいマナー

ストライプ柄のワイシャツを着る時に気を付けたいマナー

ストライプ自体はマナー違反ではない

 ストライプ柄のワイシャツを着ることですが、それ自体はビジネスシーンのマナー違反にはなりません。しかし、ストライプがあまりに目立つ色のものや、ストライプが太すぎるものは品位を損なうため、やめておきましょう。

外資系、海外企業の場合、ストライプ柄のワイシャツがよい

 海外では、白い無地のワイシャツはビジネスシーンというよりも格式が高い式典などに用いられることが多く、不自然な印象を与えてしまうようです。海外の企業や外国の方を相手にするビジネスの場合、ストライプ柄のワイシャツを多用してもよいでしょう。

 また、クールビズでシャツしか着ないという場合ですと、着こなしとして柄が入ったワイシャツを着た方がいいと言えるのではないでしょうか。

ストライプ柄がマナー違反となる場合

ビジネスの付き合いで訪れる冠婚葬祭のとき

 冠婚葬祭のときは、基本的に無地の白いワイシャツを着ていくのがマナーとなっています。

営業など、他の会社に行く場合

 営業の方など、他の会社に行く場合は、敬意を持つという意味合いからも、ストライプのシャツは原則として着ないのが日本の習慣としてあります。このような場合も白い無地のワイシャツを着るようにしましょう。



 ここでは、ストライプ柄のワイシャツに関するマナーを紹介しました。シチュエーションを押さえ、シーンに合わせてストライプ柄のワイシャツを着ましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する