1. 講演で笑いを取って上手く注目させるコツ

講演で笑いを取って上手く注目させるコツ

by masahiko
 講演やプレゼンでは、ただ自分の話したいことだけ話していると聞いている側としては飽きてしまいます。自分の講演に注目させるために笑いを取る事が挙げられますが、笑いを取るというのは、非常に難しいことです。では、笑いを取るコツというのは、何なのでしょうか。

自分の失敗談を使う

 笑いを取る上で使えるテクニックとして、自分の失敗談を入れることが挙げられます。失敗談で大笑いは、起きないかもしれませんが、表情がほころぶ程度で十分です。失敗談は、相手に親近感を持たせる効果があり、その後のスピーチが上手くいくはずです。他人の失敗談でも良いですが、自分の失敗談を話した方がより人間味があって有効でしょう。

何度も同じことを繰り返す

 講演中に何度も同じフレーズを繰り返すという方法です。これは、中途半端ではいけません。

 「○○で私は幸せになりました。」「○○で母も幸せになりました。」「○○で祖母も幸せになりました。」「○○で私の猫も幸せになりました。」とくどいくらい伝える必要があります。「またかよ」とツッコミが出るくらい繰り返すことで笑いが起きます。


 以上笑いをとり、注目させる方法を紹介しました。講演では笑いを取ることが目的ではないので、やり過ぎないようにしましょう。あくまで会場の緊張感を和らぐことを目的にしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する