1. 【あなたは大丈夫?】会社からの評価が低い上司が行っている3つの行動

【あなたは大丈夫?】会社からの評価が低い上司が行っている3つの行動


 「あの人が何でこの地位にいるのかよくわからない」「あの人は威張っているだけで大した仕事ができない人だ」。そのようなことを部下から言われてしまう評価の低い上司はあなたの周りにいるのではないでしょうか?そんな上司がよく行っている評価が低くなるような行動とそれが悪い理由、そのような上司はどうすればいいのかということを少し簡単に説明したいと思います。

1. 命令・指示がコロコロ変わる

 朝に言ったことが、夕方には全く別の命令になっている。そのようなことを体感したことのある社会人の方は多いのでないでしょうか。こんな風に命令をされてしまっては、せっかく朝に進めていた仕事もパーになってしまい、また一からやり直さなければ仕事をやり直さなければならなくなることもあるため、仕事の進行に支障を生じてしまい、部下の仕事の邪魔にしかなりません。変えざるを得ない事情があるならまだしも、あまりに計画性がない上司と仕事をしていると、その管理能力の無さから、部下からの評価も低いものとなってしまいます。

 そうならないためにも、部下との相談のうえ、計画性を練ってからしっかりとした指示や命令を出しましょう。そうすることで仕事の効率も上がり、担当する部署の成績も上がることになって上司も部下も周りからの評価をあげることになるでしょう。

2. 部下の手柄を自分のものにする 

 仕事で成功した、成績を上げた。しかし、そんなところに上司がすかさず現れて、まるで上司自身が自分がやったかのように自慢する。そんなようなことをされたら部下はどう思いますか?そのようなことをすれば、当の部下は自己の手柄を取られたのですから、心の中で良く思うことはまずないでしょう。

 また、そのような姿を見せることは、上司は自信が無いのではないかと部下に思われてしまいます。そんな風に思われてしまっては、部下から信頼が得られるわけもなく、上司としての評価を下げることにしかなりません。そうならないためにも、部下ががんばって成績を上げたときには上司であるあなたは一歩引いて部下を誉めてあげてください。そうすることによって部下は信頼を得られていると思い、上司としての評価を結果的にあげることにもつながります。 

3. 他人の意見や考えに寛容性がない

 皆様が普段の仕事などで意見が合わないときは多くあると思います。そんな時に上司が部下に対して話を理解しようとせずに一方的に言いくるめられそうになった経験がある方は多いと思います。そして、そのようなときにみなさんは話を聞いてもらえなくて上司に対して苦虫を噛むような思いをしたことでしょう。もちろん、このような態度を取られれば評価が低くなるのは想像に難しくありません。特に部下にとって強い信念にかかわることなどになれば、そんな風に扱われることによって上司の評価が低いという話ではすまず、関係自体すら修復することが出来なくなるかもしれません。

 そうならないためにも、他人をよく理解し、それを尊重したうえで上司としての意見を言って相互理解を深めるという姿勢を示してあげれば、部下も上司が理解を得ようとしていることを理解してもらえるでしょうし、この人なら自身のことを理解してくれるしわかってくれるという信頼感を得られますので、そのようなことをすればどんどん頼られる上司になれます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する