1. 両手で名刺交換をする際に気を付けたいマナー

両手で名刺交換をする際に気を付けたいマナー


 名刺交換は、名刺を渡す相手との関係性をつくる第一歩とも言いかえることができるでしょう。 そのため、これから良い印象を持ってもらうために、名刺を渡す際にはマナーをわきまえて渡すことが重要です。 例えば名刺を両手で持つことなどがマナーの一つに数えられます。 そこで、ここではもう少し厳密に名刺の渡し方に付いて説明していこうと思います。

名刺の渡し方、受け取り方

 例えば、相手の会社に訪問した際の名刺の渡し方についてお話します。 そのような場合は、応接室で待たされるということが多いでしょう。 しかし、相手が出てきたら必ずその場で立って一礼することが大切です。 いくら応接室で座って待たされるからと言って、立って挨拶をしない事は失礼にあたります。

  立ち上がれば、いよいよ名刺の交換になります。 名刺の交換の際には、必ず両手で名刺を手に持ちます。 片手で名刺を持つことは、大抵の場合相手に対して失礼な行為にあたるため、必ず両手で差し出しましょう。

 渡す際には、まず簡単に自分の自己紹介をし、相手の胸元に自然に差しだすことで、相手も快く受け取ってくれることでしょう。 その時、相手も同じように名刺を出してきたら名刺を横にずらすか相手の名刺の下にずらします。 相手の名刺の上に自分の名刺を重ねるという行為はマナー違反になります。 相手も不快に思うため、気を付けなければなりません。

  そして、自分の名刺を先に受け取ってもらってから自分も相手の名刺を受取ります。 相手の名前を読むことが出来ない場合には、その場で必ず名前を聞く必要があります。 名刺の受け渡しを行う際には、相手と自分の間に机や障害物を挟まず、机の横に出て、相手と正面出向き会えるように立つのがよいです。 相手と真っ直ぐ構えることで、切実さを出すことができるからです。

名刺を渡された後について

 名刺を渡された後、商談中は名刺を机の上に置いておきます。 その為の注意点は、名刺を直接机に置くのではなく、机に名刺ケースを置き、その上に名刺を載せるのが良いです。

  受け取った名刺をすぐに名刺ケースにしまってしまうことも悪くはありませんが、相手の名前が覚えにくかったりついうっかりと忘れてしまったりした場合に、机の上に出しておくと確認することが可能です。 相手から受け取った名刺は非常に重要なものでもあるため、丁寧に扱うことが大切です。 メモ代わりに使用するなどということは、マナーに反することにもつながるため絶対にやめましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する