1. 立ったままの状態で名刺交換をする時のマナー

立ったままの状態で名刺交換をする時のマナー


 ビジネスにおいて必ずしも座った状態で物事を進めるとは限らないのです。時には立ったままの状態で挨拶や自己紹介をして名刺交換をする場面に出くわす事も珍しくありません。そういった時には通常の名刺交換とは少しずつ違ってきますので、テーブルを介した状態の名刺交換とは別に立ったままの時の名刺交換時のマナーを覚えておく必要があります。

立ったまま名刺交換を行う時のマナー

 立ったままでもテーブルなどが間にあった状態で渡したり、何か障害物がお互いの間にあった状態で名刺交換をするのは避けるようにします。

  更人が多く集まるような場所に行くと、色々な場所で名刺交換を行います。一度挨拶が終わって次の所へ行く時には、毎回話が終わった時点で名刺入れに入れてから次に向かうようにするのがマナーです。

  持ったままの状態で移動をしていると、交換する側にとって大勢の中の一人という感じに受け取られてしまいます。それではせっかく交換をしても印象が良くありませんので、必ず他の人の名刺は手元に持っているのではなく、綺麗な状態にしてから行くようにします。これによって気持ちにも整理を付ける事が出来るので、大勢が集まっている場でも上手く名刺交換をする事ができます。 

立ったままで名刺を貰った場合の対処法

 席に座った時にはテーブルの所に名刺を置いておくというのが一般的なマナーですが、立ったままの状態の時には、持っておくというのがマナーです。

 この時に会話に夢中になって名刺を持っている手を下げてしまったり、扱いを雑にする事は避ける必要があります。名刺は人の顔のようなものですので、扱いを雑にしたり曲げたりする事はマナー違反ですので、しっかりと持っておく必要があります。

 立ったまま複数の人と交換する場合には、役職の一番高い人の名刺が一番上になるように持っておく事もマナーとなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する