1. ビジネスマンとして知っておきたい!上司との人間関係の悩みを解決する方法

ビジネスマンとして知っておきたい!上司との人間関係の悩みを解決する方法

 サラリーマンなら上司との人間関係に悩むケースは多くありますが、その原因となるものは上司の人間性や考え方が部下と相違することが主な原因です。原因がはっきりしていればそれを決するだけですが、その解決策が見出せない人も多くいます。上司にもいろいろなタイプがいます。そして誰もが憧れる理想の上司も人によっては嫌な上司となります。相手を嫌と感じている人にとっては悩みのタネは尽きません。

上司を理解することが大切

 これを解決するためには「上司を理解すること」です。この上司はどんな人なのかということをまず考えます。時には理解してあげることも必要です。基本となる考え方は誰にでもあります。その考え方を理解してあげることも大人の社会では必要です。これを妥協と考える人もいるようですが、そうではないのです。理解した上で自分の考え方を議論するのが大人の社会です。

 人間関係は、上司であろうと部下であろうと、適切なバランスが大事です。近づきすぎず、遠すぎず、といった距離感が、実は肝要です。社会で一番大変なことは人間関係です。議論を重ねていくうちに欠点と思える部分も長所として捉えることができることもあります。

 例えば気が小さいから短気というのも一歩掘り下げることで、周囲や実績に対して鋭敏な一面があるとも解釈できます。善意に解釈し、それを態度に表すことで、人間関係も穏やかになる場合もあります。それでも上司の欠点を欠点としてしか考えられなければ、他に長所を探してみることも大切なことです。でなければ、気に留めないことです。人間関係の修復は簡単ではありませんので、場合によっては時間もかかります。しかし継続していくことで、上司との人間関係もよくなっていきます。継続は力なりと言いますが、まさにその通りなのです。

悩みを抱えているのは自分だけでないと思い込む

 しかし、上司との関係で悩みを抱えている人は多くいます。自分と同じ状況で悩みを抱えている人がいるといことを意識してください。決してあなただけではないのです。同じ悩みを抱えている人がいるということを知るだけでも気持ちは少し楽になるはずです。どこにでもある悩みだと割り切り生活するのも社会では必要なことです。

 それでも納得がいかないのであれば、職場を変更するしかないのです。それが社会なのです。現実をしっかり受けとめ行動することが大人の社会なのです。無理してその職場に留まる必要もないはずです。留まる理由があるなら相手を理解し受け入れることも必要なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する