1. 人前でビジネスの電話をする時に守るべきマナー

人前でビジネスの電話をする時に守るべきマナー


 携帯電話が普及してきてビジネスシーンで多く使うようになりました。 何処でも電話を利用する事が出来て便利ですが、一方でマナーなどを守らないければビジネスで失敗を犯してしまう事があります。 中には重大な損害を与えてしまう事もあるので、マナーには十分気を使って使う必要があります。 ここではビジネスシーンで携帯電話を利用して通話する時のマナーについて書いていきます。

人前で仕事に関わる大事な話をしない

 ビジネスにおいて情報は非常に重要なものです。 携帯電話は屋外で使う事が出来ますが、その情報というのは外にいる周辺の人にも聞こえてしまう事が多々あります。 特に静かな場所ですと、通話している向こうの話し声も聞こえてくる事もあるので、どんな会話を行っているかも分かってしまいます。

 これが元で情報が漏れてしまう事があるので、そうなっては自分の信頼が無くなってしまうだけでなく、会社の信用や直接な損害を与えてしまう事にもなりかねません。 その為に携帯電話を利用して通話する時には大事な話しは人前ではしないのがマナーです。

電波の悪い場所では携帯電話を利用しない

 携帯電話は固定電話と違い、いつでも同じような状態で会話をする事ができません。 携帯電話は電波をキャッチして通話が出来るので、建物に入っていたり、遮断されるような場所にいる事によって電波が悪くなります。 その結果通話が聞き取り辛くなったりしますので、電波が悪い場合には、一度かけ直すなどのマナーを持つ必要があります。

  電波が悪い状態で話していると上手く会話が出来ないですし、遮断された所に重要な箇所があったのに聞き取れずに取引や伝達が上手くいかない事もあるので注意しましょう。 少しでも不安を感じた時には、電波の状態が良いのか相手に聞いてから始める事で、トラブルも少なく携帯電話で話す事が可能になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する