1. テーマに沿ったプレゼンの発表を行うために知っておきたい3つのコツ

テーマに沿ったプレゼンの発表を行うために知っておきたい3つのコツ


 プレゼンのテーマを上手く発表するコツにおいて、大変重要なことは、プレゼンされる側というのは、たいていプレゼン前に提案を決めている可能性があります。結果、受け入れるつもりだったとしたら、相手にとって更に良い発表になり、逆に受け入れないつもりのプレゼンだったとしたら、プレゼン側の発表に対しての心構え、人間力、情熱、発表の仕方などにより、結果を簡単に覆すことができるでしょう。プレゼンのテーマを上手く発表するにあたり、いくつかの事項を紹介してきます。

1. 下準備を欠かさない

 プレゼンのテーマを上手く発表するにあたり、下準備は欠かせないものです。資料作成などのあたり前の下準備だけではなく、プレゼンして、相手をうなずかせたいのであれば、まずは人間力を磨くことから始めるべきです。ここでの下準備とは、「どうしたら相手を喜ばすことができるか?」ということを考えることから始めなければなりません。相手を喜ばすためには、プレゼンター自身の人間的な魅力が必要です。事前に相手を喜ばせられるように、人間力を磨き、相手の立場になったプレゼンの仕方を習得しておきましょう。

2. はっきりした動作と態度でプレゼンに臨む

 どんな発表においても、人を惹きつけるにあたり重要なのは、はっきりした動作と態度です。もたもたした、のんびりした動作や振る舞いは、相手にどうしても悪い印象を与えてしまう恐れがあります。情熱のある動作と態度は、相手にも伝わり良い結果に導く可能性が高いです。他にも、手を使って話すことで、上手く発表できるでしょう。手を上手く使って話すと、より発表に勢いがつきます。今述べたことをすることにより、プレゼン全体がダイナミックな演出になることは間違いないでしょう。

3. 相手の興味を惹きつける話をする

 プレゼンによっては、テーマに興味を持って来られる場合もあれば、会社の意向や命令によって参加をさせられる場合もあるでしょう。プレゼンでは、相手を説得、納得させなければなりません。そのため、常に相手を察し、相手の知りたいこと、聞きたいことを重点に話す必要があると考えます。時には、自由に臨機応変にテーマを変えて、相手の興味を惹きつけることも必要でしょう。淡々とテーマを発表していくよりも、ユーモアも織り交ぜながら、相手の興味を惹きつけられるのであれば、少し話を脱線したとしても、良い結果に必ず結びつくことができるでしょう。脱線する話も、きちんとテーマに沿ったものであることをお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する