1. 転職の面接時にマナー違反とならないために欠かさず持ち歩きたい持ち物

転職の面接時にマナー違反とならないために欠かさず持ち歩きたい持ち物

身だしなみとして持って行きたいもの

 社会人として、ハンカチとティッシュがかばんに入っているというのはマナーでしょう。身だしなみとしても持ち歩きたい持ち物ですし、緊張して汗をかいた時など、面接で使う機会がありますので必ず持っていくようにしましょう。

 また、歯ブラシや整髪料を持ち歩いていると、面接前に身だしなみをチェックするときに、一段と良い身だしなみを作ることが出来るでしょう。

時間や詳細を確認するために持って行きたいもの

 時間や、連絡を確認するために持って行きたいものとしては、腕時計と携帯電話があります。これらがないと、社会人としての品性を疑われてしまいます。持ち歩いて当然と言えるものですので、面接時も忘れないようにして下さい。

書類や資料に書くために持って行きたいもの

 面接の際に予定を確認して入れたり、資料や書類を書くケースもありますので、スケジュール帳や、メモ、ボールペンも持ち歩くようにして下さい。

 また、履歴書やポートフォリオの紙が折り曲がってしまうのはマナーとしてよくないので、クリアファイルや固めの封筒を持ち歩くようにしましょう。



 ここでは、転職面接時に持って行きたい持ち物のマナーについて紹介しました。忘れてしまうと社会人失格とも言える持ち物ですので、参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する