1. 転職希望者なら知っておきたい面接に行く時間のマナー

転職希望者なら知っておきたい面接に行く時間のマナー


遅刻するのは絶対に避けたい

 面接で遅刻をしてしまうのはマナー違反ですし、遅刻してしまっただけで採用がふいになるというケースもあります。まず面接には絶対に遅刻をしないというのがマナーと言えるでしょう。

早すぎる時間もマイナスの評価に

 面接する方も準備の時間がありますので、面接の30分前に会場に入るような行為はいけません。やる気を見せる意味でやっているとしたら、かえって逆公開になってしまいます。

面接会場に入るベストな時間

 面接会場に入るベストの時間は、マナー通りに言えば、その時間ぴったりに入るのが最も理想的です。しかし、現実的に考えて、そのようなことは不可能ですので、開始5分前に入るのがマナーの正解と言えます。



 ここでは、転職の面接での時間のマナーを紹介しました。基本的に遅刻は許されません。気持ちだけ早く入室するというのを心がけることがマナーを守ることに繋がります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する