1. 交渉での断りメールで意識しておきたい2つのこと

交渉での断りメールで意識しておきたい2つのこと


 ビジネスシーンにおいて交渉なしでは進まない状況が多くあります。最近ではメールや電話などでの交渉も多くなっているので、今回は交渉の際の断りメールの書き方について解説していきたいと思います。

①残念だということを伝える

例としては、「誠に不本意ではございますが」などが一般的でしょうか、やはり断るときはかなり気を使う必要があるようです。申し訳なさそうにするのも相手に失礼ですし、ここは不本意ですが、というニュアンスの文章を序盤に書いておきましょう。そうすることにより、相手を不快にさせず、次の交渉に移ることも可能です。

②別の提案も添えておく

 値段や内容次第では交渉を続けたい場合は、断ると同時に別の提案を添えることを忘れないようにしましょう。もしかすると、そこから相手が妥協してくるかもしれません。一度のやり取りだけで全てを終わらせてしまうのは勿体ないということです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する