1. 初対面の人を相手に紹介するときのビジネスマナー

初対面の人を相手に紹介するときのビジネスマナー


紹介する順序

 紹介する順序としては目下の人から順に紹介するのがマナーです。また、年齢が低いものから紹介するというマナーもあり、役職が同程度の場合はこちらを優先してもいいでしょう。

 ビジネスシーンであることを強調したい場合や、初対面同士の人物を紹介する場合は、役職や年齢が同じ場合もありますが、その場合は、金銭を受け取る側から紹介するようにしましょう。

紹介するときに気を付けたいこと

 紹介するときですが、指で人を指すことは失礼ですので、しないようにしましょう。手を使い、手のひら全体を用いて「こちらが株式会社〇〇の〇〇課長です。」というように紹介するようにすると良いです。紹介した人は初対面同士ですので、紹介するときはお互いの会話や話題を引き出せるような進行をするようにしましょう。



 ここでは、初対面同士の人物を紹介するときに気を付けたいマナーを紹介しました。順序もそうですが、しっかり相手を指し、紹介することや仲介にはいって仲を取り持つことも重要です。ここで紹介したことを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する