1. 営業の売上を改善したいときに会社としてまずやっておくべきこと

営業の売上を改善したいときに会社としてまずやっておくべきこと


 営業の売上は会社の利益に直接関わってくるので、その結果が悪いときはすぐにでも改善したいと思うのが普通でしょう。しかし、そう簡単にいくものでもありません。改善には段階を踏むことが必要なのです。では、営業の売上を伸ばすためにまずやるべきこととはどのようなものなのでしょうか。

全体かそれとも個人か

 まずは、売上を分析することが重要です。営業全体としての売上に伸びる要素があるのか、それとも足を引っ張っている社員がいるのか、など考えるべきことは多くあります。もし全体的に落ち込んでいるのであれば営業チームのやり方自体を見直す必要がありますし、成績に差がついているのであれば、ノウハウを共有するなどの改善案が浮かんできます。要素分けをまず行ってみてください。

ライバル会社と比較する

 社内を見終わったら、そのあとは外を見てみる必要があります。結局勝負する相手はライバル社なわけですから、いくら営業のやり方を良くしたところでそれ以上の会社が存在すれば大きく飛躍することは難しいのです。かといって、全ての要素で勝つというのはコストなどを中心に無理難題が降り掛かってくると思うので、ここなら勝てるという点を見つけ、そこを伸ばすように出力してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する