1. 取引先に会食のお誘いメールを送る時のマナー

取引先に会食のお誘いメールを送る時のマナー


会食の3週間前にはメールを送る

 会食は、相手のスケジュールを特に重視して開催する必要があるものです。スケジューリングをお誘いメールでは行うと思いますが、余裕を持って3週間前にはメールを送るようにしましょう。

メールで送るシチュエーションでない場合も

 会社を挙げての会食の場合など、メールで誘うのは失礼に当たる場合もあります。招待状として郵送で送るべき場合もありますので、注意が必要です。

会食メールで気を付けたいポイント

 会食メールで1番見て欲しい部分は、日時と場所の部分ではないでしょうか。時間と日時の場所は、箇条書きにすることで簡潔に見れるように心がけると良いでしょう。また場所ですが、地図サイトのURLを貼り付けておくと、相手に場所がはっきりと示せるので、いいのではないでしょうか。



 ここでは、会食メールを送るときに気を付けたいマナーを紹介しました。会食メールでは、きちんと日時と場所を表記することで、相手におもてなしの心あ伝わるメールを送るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する