1. 知っておくと便利!エクセルでセルを図にして貼りつける方法

知っておくと便利!エクセルでセルを図にして貼りつける方法


 エクセルにおいてワークシート上のセルは、図としてコピーし貼りつけることが可能です。コピーした図はワード等の他のアプリケーションファイルへの貼り付けも可能になるため、資料作成においては十分使い勝手のよい機能になります。セルそのものをコピーしたり、グラフをコピーしたりする場合にも便利です。仕事上でも良く使う機能になるかと思いますので、ここでは一度、その方法を確認しておきましょう。

操作方法について

 この項目ではエクセル2007、2010バージョンにおける方法をお話していきます。まず、図としてコピーしたいセルの範囲を選択します。次に、『ホーム』タブの『貼り付け』の▼をクリックし、『図』『図としてコピー』の順にクリックします。

 クリックすると、『図のコピー』ダイアログボックスが表示されます。『外観』と『形式』には、それぞれ任意のものを選択し、『OK』ボタンをクリックします。コピーした図は、『officeクリップボード』に保存されるため、に任意の場所へ貼りつけることができます。貼り付け方法は、『ホーム』タブの『クリップボード』で『貼り付け』をクリックすることで可能です。あるいは、『ctrl』キーを押しながら『v』を押しても、簡単に貼り付けができるため、ショートカットとして覚えておくのがいいでしょう。

 ここで、画像を貼り付けの際の注意点があります。図として貼りつけるため、元のデータに変更があっても貼り付けた図は変更することができません。そのため、予め間違っていないか、データ入力ミスがないかなどチェックした上で図をコピーする必要があります。

エクセル2003以前のバージョンの場合

 次に、エクセル2003以前のバージョンを用いている場合を説明します。ここでも前項と同じく、はじめは図としてコピーしたいセルを選択します。次に、『shift』キーを押しながら、『編集』メニューをクリックします。表示されたメニューの中から『図のコピー』を選択します。『図のコピー』ダイアログボックスでは、『外観』および『形式』をそれぞれ選択肢、『OK』ボタンをクリックします。

 なお、高画質の画像を作りたい場合には『外観』を『画面に合わせる』にし、『形式』を『ピクチャ』にすると高画質の画像が作成できます。コピーした図は、この場合も『officeクリップボード』に保持されます。なので、その画像を任意の場所へ貼りつけることになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する