1. データを管理しやすくする!エクセルで図形を描画する方法

データを管理しやすくする!エクセルで図形を描画する方法


 会社ではデータを数値化する機会が非常に多いです。その時に活躍するものが、定番の表計算ソフトであるエクセルです。エクセルでは、データを入力すれば集計が極めて簡単に行え、また『図』画像を表示することで、より見やすく、管理のしやすいものとなります。ここでは、エクセルでの図の書き方について紹介していこうと思います。

オートシェイプ機能について

 エクセルには『オートシェイプ機能』という、図形が描画出来る機能が搭載されています。この機能では、線や基本図形、ブロック矢印など、日常的に頻繁に使う図や記号が予め備えられているため、図形描写の際に大変役に立ちます。操作方法としては、まず、『図形描画』ツールバーの『オートシェイプ』中から描画したい図形を選択します。マウスポインタの形状が変化したらワークシート上をクリック。既定の大きさの図形を描画することができます。また、図の大きさを変えたい場合には左上から右下にかけてドラッグすると大きさの変更ができます。

 さらに、『shift』キーを押しながらドラックすると、直方体の場合は正立方体を描くことができます。更に、配置したオートシェイプはダブルクリックすると、『オートシェイプの書式設定』ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスでは、書式や色、スタイルなど、細かい部分を設定することができます。毎回同じ内容で設定したい場合には、規定値を設定するのが良いでしょう。

組織図などの定番図表を組み込みたい場合

 場合によっては、組織図などの図表を取り入れたい場合もあると思います。その場合は、『挿入』メニューから『図表』をクリックし、『図表ギャラリー』ダイアログボックスを表示させ、図表を取りこみます。『図表ギャラリー』の中には、『組織図や』『ドーナツ型図表』というようなビジネスシーンでは必須の定番の図表が揃っているため、使わない手はないでしょう。

エクセルで写真データを加工する方法

 番外編として、写真データを加工する方法をお話します。こちらも操作は非常に簡単で、『図』ツールバーをワンクリックするだけで、コントラストの調整や明るさの調整、画像のトリミング等を行うことができます。『図』ツールバーが表示されていない場合は、『表示』メニューから『ツールバー』、『図』の順に選択し、『図』ツールバーを表示することができます。写真が暗く、見えづらい場合や、くっきりとした写真に変換したい場合には、このようにして写真のイメージを変化させることができそうです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する