1. 営業で名刺交換をしてもらえない人のための対処法

営業で名刺交換をしてもらえない人のための対処法


 飛び込み営業などの場合、相手にしてもらうという段階までいくのが難しいということもあります。しかし、そこで名刺交換までこぎつければ2回目の訪問に希望が持てます。そこで、今回はその名刺交換をしてもらえない営業マンのために対処法を書いていきたいと思います。

名刺を渡すタイミングは自己紹介のとき

 まず注意しておくべきなのが、名刺を渡すタイミングです。自己紹介をとっくに済ませてしまったあとに渡すと相手に不信に思われてしまう可能性があり、その逆も然りです。名刺を渡すのは、名乗るとき、自己紹介をするときと決めておきましょう。タイミング良く名刺を渡せば相手も名刺を渡してくれる可能性はぐんと上がるはずです。

世間話から始める

 時間に追われているような人が相手であれば逆効果になってしまう可能性もありますが、いきなり商談を始めるよりは世間話から始めたほうが営業マンとしての印象は良くなるでしょう。名刺交換は緊張した空気の中で行うものではないので、フランクな雰囲気を作ることが重要です。補足としては、そのときに下手に出過ぎると名刺を渡しても渡してくれない可能性があるので気をつけておいてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する