1. 会議に遅刻してしまった時に知っておきたい正しい対処法のマナー

会議に遅刻してしまった時に知っておきたい正しい対処法のマナー

遅刻をするときは事前と事後に連絡することがマナー

 遅刻をしてしまったときですが、まず、会議の前に連絡をして遅刻する旨を伝えましょう。待っている時間がムダになってしまうことを防ぐことができます。会社によっては、遅刻届けや遅刻の報告を行わないといけない場合がありますので、事後もキチンと連絡をするようにしましょう。

遅刻して会議に入る時のマナー

 会議に遅刻して入るときのマナーですが、注目を浴びて進行の邪魔にならないように入ることが大切です。会議で話をしている場合は、その話の邪魔にならないよう、後ろから周り、ドアの開閉音などに気を配りましょう。

キリの良い所で謝罪

 会議の進行を止めてまで謝罪を行う必要はありません。会議の議題の合間などに少し時間をとって謝るようにしましょう。謝り方としては、「〇〇のため、遅刻してしまいました。申し訳ありません」という謝罪の仕方で良いです。



 ここでは、会議を遅刻してしまったときの対処法のマナーを紹介しました。事前と事後の連絡をすることや、会議の入り方、謝罪の仕方がポイントになります。ここで紹介したマナーを守り遅刻しても誠意のある対応をしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する