1. 転職をする際に気を付けたい面接時のネクタイのマナー

転職をする際に気を付けたい面接時のネクタイのマナー

by ysishikawa

ネクタイをしていくのが原則

 ネクタイをしていったほうがいいのかというところに疑問を持つ人もイルのではないでしょうか。クリエイティブな職業や、社内の雰囲気がオープンなところでない場合は、原則的に面接ではネクタイをしていくのがマナーです。

面接で評価が下がってしまうネクタイの付け方

結び目がきちんと出来ていない

 社会人としてのマナーでもありますが、正しいネクタイの結び方で結び目を作るようにしないと評価が下がってしまいます。

ネクタイが曲がっている

 ネクタイが曲がっているのは評価が下がる原因です。面接の前にはきっちり身だしなみをチェックしてから臨むようにしましょう。また、社会人らしさをアピールしたいのであれば、曲がるのを防ぐという意味でもネクタイピンをするといいです。

面接時のネクタイで気を付けたいこと

 ネクタイはスーツで唯一自分の個性が出せる場所です。面接でアピールしたいポイントによって色を選ぶといいのではないでしょうか。例えば、やる気を見せたいのであれば赤いネクタイをしていくといいでしょう。



 ここでは、転職の面接で気を付けたいネクタイのマナーを紹介しました。ネクタイをしていくのは原則として、きっちりとしたネクタイの付け方を守ることがマナーですので、守るように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する