1. iPadで行うプレゼンを成功させるために活用したい3つのソフト

iPadで行うプレゼンを成功させるために活用したい3つのソフト


iPadで行うプレゼンを成功させるために活用したい3つのソフト 1番目の画像
 iPadを使ったプレゼンも、最近では珍しくありません。しかし、プレゼンをするにあたって、一番気になるのはやはりソフトではないでしょうか。iPadではプレゼンに適した様々なアプリケーションがありますが、一体どのようなソフトを利用するのがいいのでしょう。初めてiPadを利用するという方は是非参考にしてください。
目次
+ Evernote
    + Dropbox
      + Keynote

        Evernote

         まず始めに紹介したいソフトが『Evernote』というソフト。これは、プレゼンテーションを準備するために大変便利なソフトといえることでしょう。『Evernote』において、特に優れている点が、『どんな事でも全てを記憶することができる』という機能で、ブロガーの間でも話題になっています。

         そのため、スピーチのアイデア等、様々な方法で保存することに適しています。アイデアを書きとめること以外に、ウェブクリップを保存したり、プレゼンの為の写真撮影、音声メモの記憶など全て出来てしまいます。更に、iphoneやパソコンとシンクロさせることで、より使いやすくなります。

        Dropbox

         続けて挙げたいのが、『Dropbox』というソフトです。このソフトは、ファイルをオンラインでシンクし、共有することが可能なソフトです。プレゼンにおける様々なファイルを管理する上でも、大変便利ですし、グループでのプレゼンの際にも役に立つツールと言えることでしょう。オンライン上に2GBの無料ストレージがあるため、万が一のハードディスクのクラッシュにも対応し、大事なプレゼン資料のバックアップソフトとしても有効だろうと思います。

        Keynote

         また、基本的なプレゼンテーションアプリに『Keynote』があります。このソフトには、20以上のプロの品質のスライドテンプレートがそなえられており、プレゼンに便利な機能が全て揃えられています。

         VGAアダプタに繋ぐ、iPadドックコネクタとも連動させることができます。また、互換性に優れているため、MSPowerpointのプレゼンテーションやiWork’09でデザインされたプレゼンテーションともインポートすることが可能です。


         上記に挙げたソフト以外にも、iPadソフトとしては『QuickofficeConnectMobileSuite』や『Notes+』、『2Screens』が挙げられます。よりプレゼンの質をよくするためにも、色々なソフトを試してみることは重要です。

        U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
        この記事を報告する