1. オフィスのファッションで気を付けたいマナー

オフィスのファッションで気を付けたいマナー


オフィスでNGとされるファッション

色が派手すぎるもの

 オフィスファッションでは基本的に黒やベージュなどの色の服装が好まれています。ピンク一色のものや、派手なカラーリングのものは、周りの集中力を削ぎますし、オフィスにふさわしくないので、やめましょう。

肌の露出が多いもの

 胸元が開いていたり、ノースリーブだったりする、肌の露出が高いファッションもNGです。やはり、こちらも集中力を欠くという理由が挙げられます。

オフィス内を移動するときのサンダルやミュール

 オフィスワーク中は、サンダルやミュールを履いてもいいのですが、移動はこのような靴は履かない方がよいでしょう。音が鳴るという理由や、移動時の機能性が乏しいという理由があります。

マナーに合ったオフィスファッション

 マナーに合ったオフィスファッションですが、先にも述べたようにカラーリングとしては白や黒、ベージュなどの派手ではないものを選ぶようにしましょう。また、服としては、襟付きのものを着ると、オフィスらしさが出ます。シャツなどを着ると良いです。



 ここでは、マナーに合ったオフィスファッションを紹介しました。ある程度カジュアルでもいいとされいる職場もありますが、過度にカジュアルなものはやはり避けるべきです。オフィスに適したファッションをするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する