1. 初対面で好印象を与えるためのビジネスメールのマナー

初対面で好印象を与えるためのビジネスメールのマナー


初対面でメールを出すことは不審と考える

 メールで初対面の人にメールを送る時に気を付けたいのは、メールだけでは伝わる情報が少ないということです。いきなり知らない人物からメールが送られてくるのはかなり不審に思われる可能性も否定できません。しっかり自分はどういう人物であるかを表す必要があるでしょう。

相手の不審感を取り除くための工夫

タイトルに工夫をする

 「はじめまして」「こんにちは」というタイトルで送られてくると、相手は知らない人からメールが来た場合削除してしまう可能性が高いでしょう。「〇〇の件で連絡致しました」というタイトルでいいので、どういう目的でコミュニケーションをとりたいのかをタイトルから表しましょう。

序文で自分の素性を明かす

 初対面のビジネスメールで大切なのは、序文です。序文の最初の挨拶は、「突然のメール失礼致します。」というものが無難でしょう。また、1番忘れてはならないのは、自分の会社名や部署、名前を明かすことです。これによって、相手の不審感も拭えるのではないでしょうか。また、誰からの紹介でアドレスを知ったのかを記述しておくと、さらにメールを受け取った人も安心します。



 ここでは。初対面の人に送るビジネスメールのマナーを紹介しました。いきなりメールをすることは不審感を与えるので、マナーを守り自分が何者であるかを明かすことで、初対面の印象アップを図りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する