1. 相手に不快な印象を与えてしまう話し方の癖を直す方法

相手に不快な印象を与えてしまう話し方の癖を直す方法


 普段何気ない会話やプレゼンなどを聞いていると特徴的な話し方の癖がある人がいます。こういう癖のある話し方というのは良い印象を与えるものもありますが、中には話しの内容よりもそちらの方が気になるだけでなく、不快に思ってしまう事もあります。話し方に癖のある人はしっかりと直しておく事が、プライベートでもビジネスでも求められるので、ここでは話し方の癖と直す方法について書いていきます。

語尾が伸びてしまう癖を直す方法

 「○○します~」というような語尾が伸びてしまうような話し方をしている人を見かけます。プライベートではあまり気にならないような事でも、ビジネスでこのような話し方をするのは不快な気分を与えてしまうので注意が必要です。直し方としては語尾に多少力を込める事によって止めることが出来ます。しかし語尾を強めるのも強すぎると不快に感じる事もあるので、止めるを意識する為に多少強める程度で良いです。

 他にも「そして~」と語尾ではない部分が伸びている人も見かけます。このような時には話しをする内容を考えながら話している事も多い為に、話しに詰まってしまう時に伸びてしまう傾向にあります。その為に話し始める前にしっかりと話すべき内容をまとめた上で話すようにする事で癖を直す事ができます。

小さい声になってしまう癖を直す方法

 この原因は口がしっかりと開いていない事が挙げられます。口が小さくしか開いてない事は、小さい声しか出ないだけでなく、伝わりづらくなってしまいます。直す為には口を大きく開けて話すように練習をする事です。大きく口を開けて話す事によって自然と声も出てきますので、これを実践する事で直す事ができます。

 また、普段の声は通常な事も多いのですが、マイクを持って話し出すと小さくなってしまう癖を持っている人を見かけます。マイクを持つというのは人前に立って話す事が多く、慣れていないと声が小さくなってしまいます。特にマイクは多少の声でも大きくしてくれる効果がありますが、小さい声になってしまう事によって聞き取りづらくなってしまいます。

 これも声が普段から小さい人と同じように口を大きく開いて発声する練習をする事が必要です。人前に立つ直前にも発声練習をしておく事によって、本番でもしっかりと話す事が出来るようになります。口の開きの大きさで伝わりやすさにも違いが出てくるので、それに注意しつつ音の大きさはマイクを離しながら調整するようにしておく事で改善されます。

早口を直す方法

 早口と言っても色々なタイプのものがあります。とにかく話すのが早いという人で、このタイプの人は相手には言っている事が十分伝わらないケースが多々あります。この話し方の癖を直すのには、自分の声を録音してみて実際に聞いてみる事です。そして聞き取りやすい人の声と比べて、自分の早さを感じてみて、その後は聞き取りやすい人と同じようになるように練習をする事です。

 これを何度も繰り返して会得する事によって癖を直す事が出来ます。早口は無意識で行っている事も多いので、理解する事から始める事が良いでしょう。他のタイプでは話しの間がなく、相手に入る隙間を与えないタイプの早口です。一つ会話が終わったら少し待って相手の反応を確かめる事も重要であり、相手がいる事が分かれば直す事ができます。

 このような話し方に癖がある場合には、知らないうちに人を不愉快な思いをさせている事もあるので、以上のやり方で直すと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する