1. 電話で営業をする際に相手が抱いているニーズを上手く聞き出す方法

電話で営業をする際に相手が抱いているニーズを上手く聞き出す方法



 営業マンのよく使用される方法として電話での営業方法があると思います。電話での営業は手軽でよく重宝されますが、お客様の中には迷惑だと思って受話器を取っていただいたのは良いが少しの時間で切られてしまったり、中にはニーズを聞きだすどころか怒らせてしまうパターンもございます。半ば諦めている人もいると思いますが、聞き出す方法を変えるだけで劇的な変化を遂げます。そこで今回、電話で相手のニーズを聞き出す良い方法を書いていこうと思います。

長々と話をしない

 電話で営業を掛けている方々の中で、すぐに断られてしまう方の特徴が長々と電話することです。自分の紹介から今回紹介しようとしている商品を2分から3分も説明されたら皆様はどう思うでしょうか。普通は、面倒な電話が掛かってきたなと思い、丁重にお断りして電話を切ります。そのためまずは長々と電話をしない所から始めてみましょう。できれば自己紹介から今回紹介する商品説明を入れて最大でも1分間で収められるようにしましょう。

少しの反応も見逃さないようにする

 お客様の中には本当はこんな商品が欲しいけど、営業に言うと面倒だなと思って暗に仄めかす方がいらっしゃいます。そこを感じられないようでは営業成績も上がってはきません。暗に仄めかすキーワードの例で多いのが、値段のことだったり、もしくは商品がもっと良ければと商品自体のことを中心的に話す人です。欲しいけどと思っている人は考えを変えれば値段の折り合いさえあえば購入してもらえるチャンスがあります。また、商品のことを中心に話されている人は、商品を換えて新しいものでもっと効率的な仕事をしたいと思っているパターンがあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する