1. 人前で発表をしている時に発言がつまるという人が知っておくべき2つの原因と対処法

人前で発表をしている時に発言がつまるという人が知っておくべき2つの原因と対処法


 プレゼンなど発表をしている時につまる事があると思います。このつまるという事は発表の流れを途切れさせてしまうだけでなく、発表も上手くいかない為に改善させる必要があります。失敗は続いてしまう事によってトラウマにもなりますし、苦手意識を植え付けてしまう原因にもなってしまいます。その為に早急に改善する必要がありますが、ここでは発表している時に発言につまる原因と対処法について書いていきます。

発表に対する準備が全く出来ていない

 まずこれが原因で発言がつまる事があります。言いたい事がしっかりとまとまっていないと、途中で矛盾に気が付いてしまったり、周囲の反応などを見てしまう事によって自信を失ってしまいます。この時の対処法としては発表で言う事を全てメモ書きでもいいので持っていく事も重要な事です。これを実際に見る事はないかもしれませんが、いざという時に見ればいいという安心感を生み出す事が出来るので、精神的に楽になる事ができます。

 そして発表内容に自信が持てるように試行錯誤しつつ、誰かに内容を観てもらう事で修正点の指摘や直すべき所が見えてくる事もあります。これは発表を多くしている人に観てもらう事で、発表の場と紙で書いたものの違うも指摘してくれる事もあるので、自信を深める事に繋がります。それによって発言がつまる原因を解消する事ができます。

発表をする力が足りない

 実際に準備したものと、壇上などで発表する段階では差がある時があるので、準備万端のつもりが実際に行ってみると足りない事があります。実戦経験が少なすぎると発表する時に発言がつまってしまう事があります。よく練習をしてきたと言っても、観衆を前にした発表と誰も見ていない場では環境が全く違ってきます。壇上に立ってみると高揚してしまったりして、言いたかった事を全て忘れてしまう危険性もありますので、その事も考慮する必要があります。更に場馴れしてない事によるものもあるので、同じような場面を作り出して準備する事も効果的です。

 その他にも発表やプレゼンの場を体感する事でも違ってきます。その時によかった人のプレゼンの仕方や話し方など真似してみたりする事で、自信を深める事にも繋がっていきます。プレゼンや発表には正解はないのかもしれませんが、上手い人のテクニックなどを学ぶ事によって発言がつまる対処法も見つかってくる事もあります。

 発表をする力が足りない時には経験を多く積んでみたり、上手い人の発表を見る事によって解決する事ができます。そして本番前や前日には発表の事を思い浮かべつつ、イメージを持ちながらいく事で問題点が見えて来る事もあります。この時に見えてきた問題点を解消する事で、本番で想定される思わぬ展開にも対処する事が出来て、発言に詰まる事も少なくする事ができます。

 このように発表で発言につまるのには、準備が出来ていない事と発表する力が足りない事があるので、以上の対処法をする事で円滑に発表を行う事が出来ます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する