1. Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 1番目の画像

 ワードのファイルサイズが大きくなりすぎて、不具合が起きた経験はないだろうか?

 ファイルサイズを小さくするためには、ワードの画像ファイルを圧縮するとよい。

 そこで本記事ではワードで画像ファイルを圧縮する方法を紹介していく。画像ファイルを圧縮して、ワードのエラーを解決しよう。

ワードで画像ファイルを圧縮するべき理由

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 2番目の画像

本記事のまとめ

  • 全ての画像を圧縮する
  • ポップアップメニューで、目的に合った操作を行う
  • 切り取りと形式を選択して貼り付ける
  • 図ツール>書式設定>図の圧縮を使う
  • 名前をつけて保存してから、ツールを使う

ワードではグラフも写真も「図」扱い

 ワードで[挿入]タブから[図]を選ぶと、コンピューター上のピクチャフォルダが開く。

 ピクチャフォルダから選択した写真やグラフを挿入できるが、ワードでは写真やグラフといったものは全て「図」として扱われる。

 デジカメで撮った写真も、イラストレータで作ったグラフも、すべて「図」として扱われるのだ。

ワードのファイルサイズが大きすぎるとさまざまな動作が重くなる

 ワードで作ったファイルサイズが大きすぎると、メールに添付したときにサーバエラーを起こすことがある

 また、メールの受信者がワードファイルを開く際、時間がかかってしまう可能性が高い。

 その他にも、ワードのファイルサイズが大きいとパソコンからプリンターへデータを送るのに時間がかかったり、データを読み込みきれずに印刷が出来なくなったりすることがあるのだ。

ワードで画像ファイルを圧縮する5つの方法

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 3番目の画像

 ワードの文書内の画像ファイルを圧縮してファイルサイズを小さくすることで、ディスク領域を節約することができるのだ

 圧縮オプションを使用すると、画像の使用目的 (画面に表示、電子メール メッセージに表示など) に基づいて、ファイルサイズと画像の大きさの両方が小さくなる。

 この際、ファイル内のすべての画像を圧縮することも、選択した画像だけを圧縮することも可能だ。

 ワードでファイルを圧縮するには、以下の5つの方法がある。

ワードでファイルを圧縮する方法①:すべての画像を圧縮する

1. [ファイル] メニューの [ファイル サイズの圧縮] をクリックする。

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 4番目の画像

 文書が以前の「.doc ファイル形式」で保存されている場合は、[ファイル] メニューの [ファイル サイズの縮小] オプションは使用できないので注意しよう。

 [ファイル サイズの縮小] オプションを使用するためには、新しい「.docx」ファイル形式で文書を保存する必要がある。

2. [画像の品質] ポップアップ メニューで、以下の目的に合った操作を行う。

【画像圧縮の目的別にみる】操作方法

  • 印刷する場合:[印刷に最適な品質 (220 ppi)] をクリック
  • 画面表示する場合:[画面表示用に最適化 (150 ppi)] をクリック
  • 電子メールで送信する場合:[電子メール送信に最適な品質 (96 ppi)] をクリック
  • 現在の解像度を維持し、画像の変更を最小限にする場合:[現在の解像度を維持する] をクリック

ワードでファイルを圧縮する方法②:選択した画像を圧縮する

1. 圧縮する画像をクリックする。

2. [図の書式設定] タブをクリックし、[調整] の [圧縮] をクリックする。
Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 5番目の画像

 文書が以前の「.doc ファイル形式」で保存されている場合は、[画像の書式設定] タブで [圧縮] ボタンを使うことはできないので注意しよう。

 圧縮オプションを使うには、文書を新しい「.docx ファイル形式」で保存する必要がある。

3. [画像の品質] ポップアップ メニューで、以下の目的に合った操作を行う。

【画像圧縮の目的別にみる】操作方法

  • 印刷する場合:[印刷に最適な品質 (220 ppi)] をクリック
  • 画面表示する場合:[画面表示用に最適化 (150 ppi)] をクリック
  • 電子メールで送信する場合:[電子メール送信に最適な品質 (96 ppi)] をクリック
  • 現在の解像度を維持し、画像の変更を最小限にする場合:[現在の解像度を維持する] をクリック

ワードでファイルを圧縮する方法③:切り取りと形式を選択して貼り付け

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 6番目の画像

 一度挿入した図をクリックして切り取ったら、今度は[形式を選択して貼り付け]をしよう。このとき形式は「jpg」を選ぶ必要があるので注意してほしい。

 [切り取り]と[形式を選択して貼り付け]をするだけで、ファイサイズを大幅に減らすことができる。

ワードでファイルを圧縮する方法④:図ツール>書式設定>図の圧縮を使う

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 7番目の画像

 図をダブルクリックすると[図ツール]の[書式]タブが開く。リボンの左の端に近い所、[明るさ]の横に[図の圧縮]がある。

 ここを押すと、「図の上で右クリックして、[図の書式設定]から、[圧縮]を開いた」ときと同じダイアログが開く。

ワードでファイルを圧縮する方法⑤:名前をつけて保存からツール

 ファイルから保存するときに、[名前をつけて保存]するダイアログの一番下に[ツール]というのがある。

 ここを使うことで、保存する書類内の図や写真を圧縮してくれるのだ。


 以上のように、ワードでファイルを圧縮する方法はいくつかある。

 自身の状況に合わせたファイルの圧縮方法を見つけて、仕事や個人の作業に役立てていただきたい。

社会人のスキルやマナーは武器になる!20代・第二新卒の転職なら「ランスタッド」

Wordで画像を圧縮してファイルサイズを小さくする方法【画像で解説】 8番目の画像

 WordやPowerPoint、Excelの使い方など、社会人としてのスキルは転職でも有利になる。

 とくに、スキルがつき始めた20代・第二新卒は、有望な人材として企業側も積極的に採用するほど、転職における市場価値が高い

 グローバルに求人を持つ“世界最大級”の転職エージェント「ランスタッド」なら、経験や知識、スキルを活かして、世界規模にキャリアアップの可能性を広げることができるのだ。

 「もっと年収をアップしたい」「国際的に活躍できる職種につきたい」「自分のスキルを今以上に活かしたい」など、転職の希望や条件に沿った求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれる。

 転職を考えている20代・第二新卒の人は、一度「ランスタッド」に登録してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する