1. Wordで図を圧縮してファイルサイズを減らす方法(Word2010編)

Wordで図を圧縮してファイルサイズを減らす方法(Word2010編)


 ワードに挿入した図や写真のファイルサイズを小さくしたい、と思うことはありますか?ワードでは写真や図が多くなると不具合が出てきます。ワードがクラッシュしてしまったり、プリンターにデータを送信できなかったりするのです。それは、ワードのファイルサイズが大きくなりすぎたのが原因です。ファイルサイズを小さくしてエラーを避けるには、図を圧縮することです。ここではワード2010で図を圧縮する方法を紹介します。

ワードでは、図も写真も「図」扱い

 ワードで「挿入」タブから「図」を選ぶと、コンピューターのピクチャフォルダが開きます。そこから写真や図を挿入できるのですが、ワードでは全て「図」として扱われます。デジカメで撮った写真も、イラストレータで作ったグラフも、全て「図」として扱われます。最近のデジカメは高画質になっているので、一枚でも大きなファイルサイズになります。

ファイルサイズが大きすぎるとエラー連発

 ワードで作った書類のサイズが大きすぎると、メールに添付した時にサーバーエラーを起こすことがあります。また、書類を開く時に時間がかかることがあります。その書類から作ったwebページはダウンロードに時間がかかります。つまりWebの読み込みが遅い、ということになります。それと、パソコンからプリンターへデータを送るのに時間がかかったり、読み込み切れなくて印刷が出来ない、ということになります。

それらを避けるには圧縮が一番

 そういった事態を避けるには、図の解像度を下げるか、圧縮するか、トリミングするといった方法があります。ここでは、一番効果的な、「図を圧縮する」方法を説明します。

切り取りと形式を選択して貼り付け

 一度挿入した図をクリックして、切り取ります。そして、今度は「形式を選択して貼り付け」します。この時、形式はjpgを選びます。この「切り取り」と「形式を選択して貼り付け」だけで、ファイサイズが劇的に減ります。

図ツール>書式>図の圧縮を使う

 図をダブルクリックすると「図ツール」の「書式」タブが開きます。リボンの左の端に近い所、「明るさ」の横に「図の圧縮」があります。ここを押すと、[図の上で右クリックして、「図の書式設定」から、「圧縮」を開いた]時と同じダイアログが開きます。

名前をつけて保存からツール

 ファイルから保存する時に、「名前をつけて保存」するダイアログの一番下に「ツール」というのがあります。これは、以前のバージョンのワードでは右上の方にありましたが、2010では一番下の真ん中辺に移動しています。ここを使うと保存する書類内の図や写真を圧縮してくれます。

図を圧縮すると画質が落ちる

 図を圧縮するとファイルサイズが減ります。それは、データを飛ばすということです。圧縮しすぎると図の画質が劣化します。しかし、最近のデジカメは不必要なほどのデータを保持しているので、多少劣化しても十分なデータが残ります。自分のパソコンで見られるかどうかも大事ですが、その書類を必要とする人たちのパソコンで扱うのに不自由があるようなら、ファイルサイズは少し減らした方がいいかも知れません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する