1. 飛び込み営業先の担当者が不在の時に名刺とともに渡した手書きのメモの残し方

飛び込み営業先の担当者が不在の時に名刺とともに渡した手書きのメモの残し方

 飛び込み営業していても担当の人が不在ということはあると思います。多くの営業マンはそこで名刺を残して帰るのではないでしょうか。その時に自分の印象をより強く担当の人に与えるために手書きのメモを残しておくことをお勧めします。

担当の人に対する一言をメモに書く

 メモとして残しておくことは、以下に3つで良いと思います。

○今回の訪問の目的
○突然の訪問に対する謝罪
○一言挨拶

 手書きにすることでより相手に自分の人間性を伝えることができます。

手書きメモは前もって準備を

 担当の人が不在と分かってその場で書くことは相手にとっても迷惑でしょう。またその場で書くと焦って汚い字になってしまいます。気持ちをきちんと伝えるために、丁寧に書くようにしましょう。メモはどのようなものでも大丈夫ですが、ルーズリーフを切ったものなどは控えましょう。小さなメモ帳か付箋でもいいと思います。メモ帳の時は、資料、名刺と一緒に渡せるようにクリップも準備しておくようにしましょう。

 このようなちょっとした気持ちを表すことで次の訪問がしやすくなります。ぜひ試してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する