1. プレゼンを行う時に色が与える相手へのイメージとは?

プレゼンを行う時に色が与える相手へのイメージとは?

 プレゼンのスライドを作るときある程度色をつけて作成すると思いますが、それぞれの色にイメージがあります。つまり、間違った使い方をしてしまうと悪い印象を受けよいプレゼンとは見なされないでしょう。そうならないよう色が与えるイメージを認識しておいてスライド作りに活かせるようにしましょう。

青や緑など寒色系

 数字を中心とした報告資料やロジカルなプレゼンに向いています。イメージとしては、冷静な印象を与えます。客観性や理論性を相手に伝えるときに向いているでしょう。食べ物などを青色で引き立てると冷たいイメージを与えることに繋がります。

赤、オレンジ、黄色などの暖色系

 企画提案やアイディアを発表するプレゼンに向いています。アイディアや企画を熱く語りたい場合は赤、気分をあげたり活発な気分にさせる効果があります。黄色やオレンジも購買意欲をそそる色と言われています。食べ物などをオレンジ色で引き立てると暖かいイメージを与えることに繋がります。


 以上色が持っているイメージを紹介しました。プレゼンの内容によって分けて、意識して使ってみましょう。色によって印象は大きく変わってしまうので、自分の好きな色だからと言って使うのではなく、相手目線で色を選びましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する