1. 【苦手意識を少しおさえる】英語のプレゼンで使える便利な例文

【苦手意識を少しおさえる】英語のプレゼンで使える便利な例文

 英語のプレゼンをする際にどんな言い回しを使ったら良いのか悩んでいる人は多いかと思います。プレゼンでは、普段使わないフレーズがよく使われたりしているので知らないと分かりません。常識のない人だと思われないよう今のうちに覚えておきましょう。

自己紹介

 "Hello everyone. My name is Kojima. I'm in charge of marketing       research."

「みなさんこんにちは。私の名前はKojimaです。私は、マーケティングを担当しています。」

アウトライン

 "We would like to talk about three things. First of all, an elementary school, next, middle school, and finally, high school."

「私たちは、プレゼンテーションを3つに分けて話したいと思います。1つ目は、小学校、2つ目は、中学校そして、3つ目は高校です。」

結果

 "As a result, we could increase the number by 20%."

「結果として、20%伸ばすことが出来ました。」

結論

  "Let me summarize the point of presentation."

「これまでの内容をまとめたいと思います。」

お礼

  "Thank you all so much for your attention."

「ご清聴ありがとうございました。」


 場面ごとに使える表現を紹介しました。このまま使えるので、入れる単語を変えて自分のものにしましょう。一度使えるようにしておけばこれから人前で何か話すときに必ず活きてきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する