1. 営業マンが名刺を携帯する時に押さえておきたい3つのポイント

営業マンが名刺を携帯する時に押さえておきたい3つのポイント

 営業マンは仕事上名刺を交換する機会が多いため、常に携帯している人がほとんどでしょう。今回は名刺を携帯する時に心がけたいポイントをご紹介します。

携帯する名刺の枚数は訪問件数×2

 携帯する名刺の枚数は、その日の訪問予定件数だけでは足らなくなる可能性があります。なぜなら訪問先で出てくる人が1人だとは限らないからです。名刺が足りなくて渡せないというのは絶対に起こしては行けません。そのため、最低でも携帯する名刺の枚数は訪問件数×2枚で徹底しましょう。

名刺入れは2つあると便利

 特に男性営業マンの場合、名刺入れは2つあると便利です。名刺入れを入れる場所としてはすぐに取り出せる旨ポケットの人が多いでしょう。しかし、旨ポケットに入れたまま帰宅し、翌日違うスーツで出社…ということになることも。営業する上で名仕入れがないのは訪問先に対しても失礼に当たります。常に鞄に入れておく用にもう一つ準備しておくようにしましょう。

休日も携帯するようにする

 休日は仕事から解放されたいから…と名刺を持ち歩かない人もいるかもしれません。しかし、営業先の人とどこで会うかも分からない場合は、財布に数枚入れておくようにするといいでしょう。また、何かあった時に自分の身分証として使う事も。名刺入れまで持ち歩く必要はありませんが、特に営業職の人は自分の名刺を携帯しておく事をおすすめします。

 営業マンに取って非常に重要なビジネスツールである名刺。名刺がないなどのトラブルが起きないように十分気をつけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する