1. 飛び込み営業してきた営業マンに対する名刺交換の断り方

飛び込み営業してきた営業マンに対する名刺交換の断り方

 飛び込み営業をしてきた営業マンに「名刺をください」と言われた事のある人もいるのではないでしょうか。しかしまったく契約する気がない相手だったら名刺交換をするのも嫌だと思いますよね。今回は、名刺交換を頼まれた時の断り方をご紹介します。

鉄板は「今きらしています」

 相手も傷つけない断り方としては「今きらしています」というセリフが効果的です。自分も会社の代表として営業マンと接しているわけですから、悪いイメージを持たれるのは避けたいところ。持っていないものを出すことはできませんから、ほとんどの場合相手も諦めてくれるでしょう。

しつこければきっぱりと断る

 そのように言っても粘ってくる営業マンがいたら、その時は「嫌です」とはっきり断りましょう。そのような営業マンには遠回しに言っても通じません。「申し訳ありませんが差し上げる事ができません」ときっぱりと伝えましょう。

まったく興味がなければ相手の名刺は受け取らない

 相手の名刺を受け取ってしまうと、それは相手に対して期待を持たせてしまう結果に。その会社が売り込んできている事にまったく興味がないようでしたら、相手からの名刺も断る方がいいかもしれません。一度受け取ってしまうと、営業マンは希望を持ってふたたび訪問してきてしまいます。お互いの時間を無駄にしないためにも、このような態度も大切です。

 もしかしたら営業マンにも名刺交換のノルマがあるのかもしれません。しかしそのようなことに同情してしまっていると、多くの無駄が発生してしまう事もあります。それをなくすためにも毅然とした態度が求められます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する