1. 営業マンが抱えがちな課題を解決するためにできること

営業マンが抱えがちな課題を解決するためにできること

 意外と自分の抱えている課題には気づけないもの。それは営業マンにも当てはまると思います。今回は、営業マンが抱えているであろう課題を解決するためにできることをご紹介します。

目標達成できない

きちんと目標を認識する

 目標を達成できない人は、自分の目標をきちんと認識できていない事があります。あとどれくらいで目標を達成する事ができるのか、それを意識せずに行動しても目標達成は厳しいでしょう。まずは、自分が後どれくらい目標まで足りていないのか、それを1日単位で振り分けるとしたら今日は何をどれだけすべきなのかを明確にしましょう。それによって1日ごとの目標がグッと達成しやすくなると思います。

契約がとれない

ヒアリングを行う

 営業マンにはヒアリング能力が重要になります。契約がとれない営業マンの多くは自分ばかりが話す事に精一杯できちんとしたヒアリングができていません。契約が取れないと焦ると、さらに相手の話を聞く余裕がなくなり負のスパイラルに陥ります。契約が取れないときこそ深呼吸をして、相手の話を聞く余裕を持つようにしましょう。

行動量を増やす

 契約が取れる営業マンとそうではない営業マンでは行動量が圧倒的に異なります。契約が取れないため、行動しても意味がないと思うと足が重くなってしまいます。しかしそれではいつまでたっても契約はとれません。まずは1日に訪問する件数を増やすなど、顧客との接点を作る努力をしましょう。

 課題ときちんと向き合えば、その分結果はついてきます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する