1. 報告型のプレゼンを成功させるために意識すべきこと

報告型のプレゼンを成功させるために意識すべきこと


 プロジェクトなどの結果報告をプレゼン形式で行うこともあるでしょう。この場合は提案型のプレゼンとは少し違った構成が必要です。結果報告型のプレゼンを作るときに注意すべきことは何でしょうか

まず話すべきは「課題をクリアできたか」

 まず一番初めに話すべきことは、端的に出された課題をクリアできたかどうかです。条件をどの程度上回ったのか、または何を満たせなかったのかをハッキリと話しましょう。その後のプレゼン内容は全てこれを補足する形になります。

条件はどの程度クリアできたか?

 その後には部門や時期ごとに詳細な結果を報告します。細かい図表が必要な場合は無理にスライドにせずに別途資料として配布しましょう。ここでも大切なのは出された条件にどのように対応し、どの程度満たせたかを伝えることです。最後に今回の総括や今後の展望を話せればなおよいでしょう。


 自分でメッセージを決められる提案型プレゼンと違って、成果報告型のプレゼンは伝えるべきことが決まっています。出された課題をどの程度達成できたかをきちんと伝える意識が大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する