1. 仕事上の交渉が苦手だという人に意識してもらいたい2つのこと

仕事上の交渉が苦手だという人に意識してもらいたい2つのこと

 特に営業マンは取引先の人と交渉するという機会も多いと思います。それにも関わらずそのことに苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。今回は交渉が苦手だという人に意識してもらいたいことをご紹介します。

1. 相手の感情に配慮する

 人は少なからず感情に左右される生き物です。相手の感情に対して配慮の欠いた態度を取っていては交渉もうまくいきません。自分の意見ばかり押し付けるのではなく、相手の意見もきちんと聞く姿勢が大切です。相手が「高い」と言っているのなら、なぜそのように思っているのかきちんと理由を聞くようにしましょう。それもせずに一方的に自分の言い分ばかりを言っていても、相手には伝わりません。

2. 論理を組み立てる

 相手を説得するためには感情的な部分だけでは足りません。それでは相手を納得させることができないからです。相手にうなずいてもらうためには、きちんとした論理があることが必要です。感情で動かそうとしたり、「これが決まりですから」という姿勢では相手の心は動かないでしょう。

 この2点は交渉する上で非常に重要な要素です。まずはこのことを意識することを心がけてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する